キツイキツイっていうけど…トラック運転手って、なにがきついの?

スポンサーリンク

「ああ…キツイキツイ。」

一口にトラック運転手と言っても様々な仕事があります。

それは乗ってるトラックのサイズだったり、「平ボデー」「ウイング」でも仕事内容は変わってきます。

つまり、トラック運転手の「キツイ」にも色々種類があるという事です。

なので今回は、私が実際に乗務している「大型トラック」の仕事について、「キツイなあ」と思うことを、解説していきます。

トラ男
トラ男

「きつい」と思う事だけ書いていくぜ!

スポンサーリンク

トラック運転手って何がキツイの?

待機時間がとにかく長い!サイズが大きくなればなるほどその傾向が強い

とにかく真っ先に挙げられるのがこれです。

なので分かりやすくするために、極端に待機時間が長かった日のスケジュールをここに掲載しておきます。

5時車庫出庫
6時倉庫到着(配達する荷物を積み込みます)
7時倉庫出発
8時1件目の納品先到着(1日平均3~4件ほどに配達します。)
10時配達終了→移動
11時帰り荷の積場に到着(自社倉庫に持ち帰る荷物を積みます)(休憩)
12時~16時待機時間4時間
17時帰り荷積み込み完了
18時自社倉庫到着
19時帰庫
トラ男
トラ男

あんまり仕事してねえな!

トラ美
トラ美

14時間も拘束されてるわね

とある1日のスケジュールはこんな感じです。

5時~19時まで、実質14時間拘束されてるわけですが、体の負担は実際そんなにないです。

しかし、

待ち時間がひたすらに苦痛です。

これだけ待ち時間が長ければ、色々なことができそうですが、日によって待機時間というのも違うし、そもそもトラックのサイズがサイズなので、限られた場所にしか行けません。

また、待機と言っても電話で呼び出してくれる倉庫だといいのですが、

「倉庫が空いたら入ってきて」

このように指示してくるところもあります。

当然そうなれば、寝ることもできず、ずっと近くにいて倉庫の状況を見てなくてはいけません。

トラ男
トラ男

基本的に電話で呼び出してほしいよな!

私の今までの最長待機時間は13時間です。どうでしょう?きつくないですか?(笑)

ちなみにこの待機時間についてですが、

「国土交通省」が「ちょっとやべえから対策するわ」ってなるくらいです。

製品破損の出費が痛い!ほとんどは自腹になる

個人向けや小売り向けの配送なら製品破損でも多めに見てくれることが多いですが、

倉庫向けや企業向けの配送だとそうはいかないです。

ほんの少し傷がついていたり、製品の段ボールの「角」が少し潰れているだけで、

「持って帰ってください」

と言われます。

ちなみにメーカーから「出荷」の段階で傷や潰れがあるときがあるのですが、
そういった場合もその「時点」で指摘するなり、商品を交換してもらわないと基本的に全部「ドライバー」の責任です。

トラ男
トラ男

倉庫の野郎共も知ってて黙ってる時があるからな!

ちなみに製品破損をした場合は、比較的大きい運送会社などでも、毎月の給料に「それっぽい手当名(無事故手当、○○賞)」をつけて、

あくまで、

「製品破損で給料を引くわけじゃないよ?」

というていで、その手当が消えていたりします。

本当はそんなことやってはいけないのですが、これは古くからの運送業界の風習で、常識ともいえます。

トラ男
トラ男

まあ、会社もドライバーが破損を起こすたびその都度弁償なんかしてられねえからな!

トラ美
トラ美

トラ男!そうはいってもみんなわざとじゃないのよ!

余談ですが小売店に買い物に行った時に、箱潰れや破損している商品が陳列されていると、「ふざけんな!」って思いますよ(笑)ほんとうに。

これは「運転手あるある」ですね。

トラ美
トラ美

小っちゃい男は嫌だわ

加えて、

メーカーによっては弁済した製品を渡してくれないところもあります。

恐らく商品価値の維持のために「転売」などを防ぐ目的ですが、もちろんそれも「ふざけんな!」って思います(笑)

決まった時間に休憩ができない

慣れれば大したことはないのですが、

これは小型から大型までほとんどのドライバーに言えることだと思います。

もちろん決まった時間に休憩をとれるドライバーも中にはいると思いますが、あくまで少数。

ほとんどのドライバーは当日の運行次第で休憩時間は変わります。

トラ美
トラ美

乗務メインの仕事だと、まったく休憩できない人がいるって聞いたこともあるわ!

トラ男
トラ男

 良くいえば自分のタイミングで休憩できるってことだよな!

事故が怖い!いくら気をつけても防げないものもある。

道路は公共のものでたくさんの人が利用し、走っています。

通常通り走ってるいる分には事故をしない自信がありますが、中には運転マナーが悪い人もいたりするのでその影響をうけて起こす事故が怖いです。いわゆる「もらい事故」と言われるやつですね。

トラ男
トラ男

なめた運転するドライバーにはラッパ鳴らしてやるぜ!

トラ美
トラ美

やめなさい!

私も1度、急な車線変更をした車両に後ろから突っ込み、事故を起こしたことがありますが、その時「当てられた」車は逃げました。(自分が悪いのをわかっていたのでしょうね)

トラック 事故

事故時の実際の画像

もちろん製品を積んだ状態だったので、荷物はかなりズレてて悲惨な状態。

幸い、その荷物を積んでいた時は「仕切り材」をかなり入れていたので、破損は1個もありませんでしたが、もしなかったらとおもうとゾッとします。

※仕切り材…荷物と荷物を仕切るもの
トラ男
トラ男

養生はちゃんとしないとな!

※養生…保護する”措置”のこと

休憩する場所を探すのが大変!車両が大きくなるほど痛感。

この悩みはトラックが大きくなればなるほど、痛感します。

実はドライバーが休憩する場所がないというのは、けっこう社会問題になっていて、NHKなどでもたまに特集が組まれていたりします。

トラ美
トラ美

 海老名SAにトラックが溢れてる光景を見たことがあるわ!

やっとの思いで見つけたコンビニの駐車場なんかで、

乗用車が大型車専用スペースにとめてるの見ると(他にも空いてるのに)まじで殺意湧きます(笑)

 

トラ男
トラ男

あいつらはなにがしたいんだろうな!

トラ美
トラ美

いくら大型車専用駐車場といえどドライバーのものではないけどね。少し気を使って欲しいわ。

普通に運行スケジュールがきつい

よく、求人情報誌とかに、

「現在当社で管理職として活躍いる人も昔はドライバー!当社ならステップアップも可能です!」

「ドライバーの気持ちをよくわかってくれます!」

って書いてある会社って見かけたことないですか?

ドライバー上がりの管理職が、ドライバーの気持ちがよくわかるというのは、確かに事実です。

しかし、彼らは「生かし方も殺し方」も知っているということを忘れないでください。

例えば「Aコース」という、少し時間的にも体力的にもきつい配送コースがあったとしましょう。

実際にあなたがその「Aコース」を走るときに「悪いけど今日ここも行ってくれる?」と言われ「間に合いません」と答えたら、

「いや、○○と○○の間に時間空くでしょ?その時行けば大丈夫だから。もし間に合わなそうだったら連絡して」

というように「自身の経験から可否を判断して」指示されることがあります。

恐らくこれを指示する管理職の方も、この「Aコース」を走ったことがあり、だからこそ具体的に”きつい”指示ができるのです。

トラ男
トラ男

本当に優秀な配車マンっていうのは、とにかく効率的に働かせるのがうまい。
悪く言えば「ドライバーの負担」が増えるってことだよな!

納品先においての不明確すぎる作業の線引き

納品する倉庫や店舗によって、やる作業が変わるんです。

例えば、

「荷物降ろしたらすぐ行っていいですよー。」

というところもあれば、

「運転手さん、こっちで検品するからプリンターからでてきたシールを商品に貼って」

「パレットに積んでこの紙に賞味期限と入荷日を書いて貼って」

「納品する前に商品にあらかじめ伝票に賞味期限書いてきて」

「納品書と受領書はわけて提出してハンコは自分で押して」

「積み上げた荷物はこの紐で縛っておいて」

「この荷物賞味期限が前回の入荷より古いから、事務所いって確認してきて(ほぼ検品者の入力ミス)」

ざっとあげただけでもこれだけ、

「これ運転手の仕事か?」

と思うようなことを頼まれたりします。

一番ひどかったのはド〇・キホーテ。

「運転手さん、持ってきた荷物置く場所ないからバックヤード整理して荷物おけるスペース作ってそこに置いて」

え?って感じですよね。

もちろんそんな大量に荷物を持ってきたわけじゃないです。他にも置くスペースだってあります。

私が持ってきた荷物をいつも置いている場所が、たまたま他の荷物で埋まってしまっているだけです。

じゃあそんな簡単に整理できるかと言ったら、とんでもない。軽く15分くらいはかかるのは見てわかります。

ただこの時ばっかりはさすがに言いました。

「え?それ俺がやるんですか?運転手なのに?」

と言ったらめちゃくちゃ不機嫌そうな顔して自分で整理しはじめましたね。

全ての店舗がそういうわけではありませんが、この時思いました。激安だなんだって謳ってるのって、こうやって労働者から少しづつ少しづつ労働力をかすめてんのかなあって。

ただの一度だけならわざわざ書きませんが、

こういう無茶言われる店舗が多かったです。まあそれ以来二度と利用してませんが。

交通量の多い道路への路駐はドライバーだってストレスが溜まる

あともう一つあるのがコレ。

荷受け先の倉庫が、

いつも「キャパオーバー」なとこがあります。

これは倉庫の収容能力で言ってもそうだし、人材的な面でいってもそうです。確かに運転手を待たせるのが倉庫としては一番稼働効率が良いはずです。

でも、それって少し違いますよね。

ではキャパオーバーの倉庫に納品となると、荷下ろし待ちのトラックはどこに溢れると思います?

道路なんですよ。

もっとふざけてるなって思うのが、午前必着なのに、

荷下ろしが15時とか17時になっても全然終わらない倉庫。

いいんですよ。遅くなるのは。

でもどうせ午後までかかるのに、午前必着にするせいで周辺道路が激しく混雑とかザラにあります。

一番びっくりしたのは、

「敷地内には待機する場所がありませんので周辺のコンビニで待機してください。電話で呼び出します。」

という指示の書いた紙渡された時。コンビニのオーナーに謝れって感じです。

コンビニのオーナーさんは、決して倉庫の荷待ち待機の確保のために大型駐車場を用意してくれてるわけじゃないんだよ!ってか敷地内で待機しないでくださいってあんたのところの荷物持ってきてんだよって!

それと余談ですがコンビニ系のセンターって荷受けスムーズなところ多いし、運転手の負担が少ないところが多いです。なんかおかしいですよね…。

運送会社なんて…って思ってる会社が結構多い

うちの会社が以前取引していたところはまさにこれ。

2t車の契約で入っているのに、4t車分の荷物を用意して、

「2回でも3回でもやって配送しきってもらわないと困る」

これの一点張り。量でいえばあきらかにそんなことができないんです。

遂にキレたうちの上司が、その会社の本社に行って、

「いま御社にいれてるトラック10台全部今月で引き上げる」

と言ったら、

「改善を指示する」

「1ヶ月で全部はやりすぎではないか」

「せめてあと半年待って欲しい」

という打診も出たようですが全部却下。

結局他の庸車が見つかるわけでもなく、2∼3ヶ月後にその無茶な要求をする会社の社員20名くらいやめたみたいです。(うちで請け負ってた仕事を社員で消化するしかなかったから)

キツイ!という声をネットで集めてみた

大型トラックドライバーですが、先ずナビが殆ど信用出来ない。

目の前にコンビニや公衆トイレがあっても車が停められないのでスルー。

物流センター内は車内禁煙でアイドリングストップの場所が多い。(真夏と真冬は地獄)

物流センターは辺鄙な場所にあるので、飲食する場所が無い。
食事のタイミングを逃すと大変。

場所に寄っては自販機すら無い場所もある。

長距離で高速のサービスエリアやパーキングエリアで食事をしようとも、21時過ぎは殆どの店は閉まっている。

数店営業しているとしても、好みじゃない店や不味くて高い。

だいぶ改善されたとは言え、まだまだ風呂やシャワー、コインランドリーが使えるサービスエリアが少ない。

場合に寄っては台数が多すぎてサービスエリアに入る(停める)事すら出来ない場合がある。

荷物の積み降ろしの順番待ちで丸一日待機させられる場合があるが、テレビ見たりラジオ聞いたり
、ゲームやったり、雑誌や新聞読んだり、ネットやったり、仮眠したりしても時間を潰すのが大変。
それで作業時間が1時間も満たない場合もある。

酷い時は待機の為に3食全て同じコンビニの日もある。

成田や関空の輸出入貨物の仕事はハズレで大概待機時間が長い。(貨物機の到着時間や税関検査に時間が掛かる為)

一般ドライバーがトラックやバスの特性を理解して無さ過ぎる。

トラックやバスが左折するタイミングでその側方を通過しようとするアホドライバー!
下手したらオーバーハングで車体の一部をもぎ取ってしまうくらいの破壊力がある事を分かっていない。

運送会社はとかくブラックと言われがちだが、その原因を作っているのは国と荷主である事を誰も理解していない。

大型トラックにリミッターが付けられたのも抑、荷主の無理な要望で過積載やスピード違反をしている事を国も警察も理解していない。

好きで違反している訳では無い!

トラック協会なんて糞の役にもならない!…引用元…Yahoo知恵袋

まとめ

きつい部分を書かせていただきましたが、

実は「きつい」と思う事は「肉体的負担」が占める割合が多かったりします。

実際にトラックに乗っている時も、「営業やってた時の悩みに比べたらなんてことはないな~」と思う事も多々あったり。

煩わしい人間関係が全くないというわけではありませんが、

精神的負担はかなり低いように私は思います。

これは、「運送会社の人間関係」という記事でも詳しく書きました。

ただ、運転手を目指していたり、転職を考えている人にしっかりと伝えたいのが、

「配達先の規模で精神的負担は大きく変わる」という点です。

規模が小さくなれば小さくなるほど「ストレス」が大きい。

私は今企業向けの配送を行っていますが、かつて「店舗」だったり「個人」に向けての配送をしていた時は、本当に毎日「イライラ」することが多かった。

「無茶ぶり」が多いんですよね。

私はこういう作業が嫌で嫌で大型トラックに乗ったようなものです。

ですから、個人宅向けのヤマトのドライバーや、佐川のセールスドライバーは本当に尊敬します。

たぶん私が経験してきた「無茶ぶり」と比じゃないくらいの理不尽を言われていると思いますので…(:_;)

トラ男
トラ男

まあでも慣れちまえば運転手っていうのも悪くねえもんだぜ!

トラ美
トラ美

悩んでるなら1度やってみるのも全然アリだと思うわ

物流コラム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

現役の大型トラック運転手。運んで運んで7年目。最近では、運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました