「丘」ってどんな人?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

丘という名前の由来について

「丘サーファー」という言葉があるように、なにか「かじった」程度の趣味を「丘」と略すことがありますよね。

「かじった」程度で色々なことをはじめてはやめるので、「丘」と名乗っています。

トラ男
トラ男

お前らしいな!

自己紹介〜かなり長いので強い関心がある人だけ見てね〜

 

トラ美
トラ美

この男は私が知る限り「トラ男」以上のクズだわ!気をつけて!

0~5歳

よく食べつつ、すごく活発な少年でした。

ちなみに三兄姉の末っ子。

上の二人があまりにもご飯を食べず父親から怒られていたので、私がその影響からか、怒られたくない為よく食べるようになります。

今となっては、ご飯が綺麗に食べられるようにしてくれたことだけは感謝していますが、当時のご飯中のキレっぷりは中々のものだったと思います。

ちなみに食事中の飲み物は禁止でした。

5~10歳

活発なことは活発なのですが、根の性格は気弱で内気です。

ただ、小学校に入った時から、親友になるのがクラスいちの陽キャ率が高く、ことなきを得ていました。

ちなみに、父親がその内気さを心配し、小学校3年生から空手を習わされるほど。

結局、道着を着て道場に通うのを同級生に見られるのが恥ずかしいといういかにも陰キャっぽい理由、中学生になった時に黒帯をGETしないまま辞ました。

10歳~15歳

小学校高学年の時は、陽キャにぶら下がる陰キャポジションを確立していたのでそこそこ楽しい学校生活でした。

小学5年生の時には、初めて女子からバレンタインを貰い、ピュアだった私は本当に付き合うとかいう概念を知らなかった為、二人共にただホワイトデーを返しました。(リアルに子供はキスするとできると思っていたくらいです)

そんな中、中学に上がります。

ほんで、公立の中学に上がると、まず間違いなくといっていいほど、ヤンキーが幅を効かせるんですよ。

それに怖がりつつ、実はヤンキーそのものには憧れがありました。

元々貧民街みたいな集合住宅の出身なので、周りでよく可愛がってくれたお兄ちゃんキャラの人は、だいたいヤンキーみたいな人が多くて、憧れていたのはそれが原因かなと思います。

そんなヤンキーを横目に見つつ、俺も憧れのヤンキーになって女にモテたい!みたいな理由から中学校二年生からヤンキーを始めます。

ただグレるといっても、煙草を吸ってたむろしてお酒飲んで、たまに〇〇して、くらいなもので、そんな本格的にはグレていなかったと思います。

普通にグレてても親父は怖かったし、単身赴任している親父から電話が来るだけで、「はい、ちょ、調子乗ってないよ」とか答えてましたからw

ただ転機といえば、ひょんな事がきっかけで暴走族に入族することになります。

これ今でもはっきり覚えているのですが、仲の良かった友人が成り行きで「丘も暴走族をやりたいって言ってました」って地元ですんごい怖かった先輩に言ったせいで、もうそんなこと話しちゃった手前、否定できない状況みたいなり、入ることになりました。

それからは本気で地獄の日々。

ファッションヤンキーでそこそこ充実していたはずの毎日が、修羅場に変わりました。

まず基本的に喧嘩をふっかけられ、絡まれる人が、先輩、同年代くらいのレベルだったのが、本職(ヤクザ)の方、大人の半グレに格上げになります。普通に超怖いです。でも先輩にはヤクザにも引くなと言われます。

なんでかわかります?我々兵隊が揉めると先輩は儲かるからです。

あと単純に、いつまでたっても暴走族のOBとかして後輩を囲ってるタイプの人間って、頭いっちゃってるんですよ。普通に三度の飯より揉め事が好き的な。

そのイってる感覚で指令が来るんですよ。「祭り行かね?喧嘩しに行こうぜ」「ヤクザにイモ引いたら殺すからな。」「UNO朝までやるぞ」「今日の夕方までに原付3台用意しといて(盗んでこいの意)」みたいな。

あともう一つはお金。

とにかく何かにつけて、(先輩の誕生日)(引っ越し祝い)(出産祝い)払わされていました。

毎月20万は、払っていたと思います。

私一人で払っていたわけではありませんが、それでも友達4人で払っていたので、15.6の僕達にはとんでもない大金でした。

15~20歳

高校には進学しましたが、

「結局親父の会社継いで人生イージーモードなのに、学校行く必要なくね?w」

と思ったので、通い始めて1年経たずに辞めました。(この時父親は経営者でした。)

低学歴爆誕の瞬間です。

その後、16歳から父の会社で働き始めますが、2年後に倒産。ワロタ

18歳~20歳

18歳で飛び込み営業をはじめて営業の「ノルマ!ノルマ!」に耐えられなくなり、20歳で退職。

会社に坊主(成果なし)で帰ると毎度ハンコ投げられてました。

今になってよくよく考えたら、当時の僕はなぜこんな仕打ち食らわないといけなかったのでしょうか?(笑)

営業をしていた時に貯めたなけなしの50万で、海外FXで「レバレッジ2000倍」の一攫千金の大勝負を仕掛け見事撃沈。(ちなみに指標前にスプレッドが広がっただけで消えました)

一攫千金どころか、一文無しになります。

20歳~22歳

今思い返しても、暗黒時代だと思う絵にかいたような底辺。

「あ~営業やって人間関係疲れたから、とりあえず工場で働いたろ!」

→つまんなくて3ヵ月で退職。

「工場つまんないから法人営業でもやろ!」

→給料安くて4ヵ月で退職。

「とりあえず俺はビックになる男だから」

→フリーター(知り合いのところで鳶とかやってました)

「やっぱり俺はビックになる男だから」

→営業に戻る

22歳~28歳

22歳で運送会社の門を叩きます。入社した時の詳しい話が知りたい人は、下からどうぞ。

関連 今の運送会社に入社して年収が200万上がった話

2t車2年、4t車2年、って経験を積んできて、結構色々なものを運んできました。

そして今は、10t車のスーパーグレート乗ってます。(尿素ついてるやつです)

かなり意識低い系のドライバーで、眠い時は遅延があっても配車マンには道路のせいにして、基本その場で寝ます。(事故起こすよりマシだよね!)

しかし、クビにならないのはやはり私の能力が高いのではなく、ドライバー不足の時代であることが一番の要因でしょうね。

ちなみにこんな男なのに大型に乗っているのは楽して稼ぎたいから^^

プロ意識はどこかに捨ててきました^^

トラックが大好きというより、楽するのが好き^^

運転手最高^^

このサイトは?

「慣れ」とか「経験」という言葉をむやみに使うことが嫌いで、経験も大事ですが、運転手の仕事は「わかりやすく」「丁寧」かつ「論理的」に教えられる人がいれば、初心者の方でもすぐに始められる仕事です。

実際、フリーター時代に、肉体労働系の仕事をたくさんやってきましたが、こういった業界は、「見て盗め」「聞くな」こういった風潮が強く、そもそも教える技術が低い人がとにかく多い。

「イライラしながら教えるくらいなら、マニュアルみたいの作ればいいのに…。」

何度もこんなことを思いました。

ですので、できる限り初心者の方でもわかりやすいように、そして運送関連に関して、ネットに落ちている情報があまり多くない、こんな経緯から「マニュアルのようなものになれば」と思い運ちゃんネットを作りました。

仕事は不真面目ですが、このサイトは真剣に作っています。

では、トラ男とトラ美と精一杯頑張ります!

あ、あとレアキャラの「義我(ギガ)先輩」もいるので、良かったら探してみてくださいね。

トラ男
トラ男

よろしくな!

 

トラ美
トラ美

わたしも頑張るよ!

義我先輩
義我先輩

俺を見つけたらいいことあるぜ!

スポンサーリンク
運ちゃんネット
タイトルとURLをコピーしました