【仕事別】トラック運転手の年収ランキングを紹介!どんなものを運べば一番稼げるか?

「どんなトラックに乗り、どんな”モノ”を運べば一番稼げるか?」

知りたい人にとっては、
これは永遠のテーマだと思います。

簡単に言うと大きいトラックに乗ったほうが稼げるのですが、
それはみんな知っているし、少々ざっくり過ぎますよね。

それに「給料」というものは様々な要因が絡み、
一概にこうだというのは、言いきれないのも事実です。

就職する企業規模によって、事情が大きく異なっていることが分かります。大学・大学院卒で社員数10-99人の中小企業に就職した人が1億9430万円であるのに対して、高卒でも1000人以上の大企業に入った人は、2億3300万円。何と、2割ほども高卒者の方が高い、という逆転現象が起こっているのです。…引用元…プレジデントオンライン

つまり、これを要約すると、
年収や給料、はたまた生涯年収というのは就職する「企業規模」で決まってしまう。
という事なんですよ。

ですから、中小企業のトレーラー乗りより、
大企業の2t車ドライバーの方が、給料が高くなるかもしれないという可能性があるわけです。

という訳で、これから紹介する、トラックの仕事別年収ランキングは、
企業規模は考慮しないものとします。

また、この稼げるランキングは「Indeed」の求人情報をもとに、
作成いたしました。(インディードの求人情報は、他の求人サイトを横断して検索できるので…)

【仕事別】トラック運転手の年収ランキング

【1位】特殊物運搬の低床トレーラー(35∼100万円)

求人案内に出ている給料は35∼100万。
トラック運転手で100万というのはにわかには信じ難いですが、
さすがにここまで高い金額を、
敢えて求人に書くのは現実的ではないので、
実際に稼いだことのある人がいるのでしょう。

最初は「売上額かな?」とも思いましたが、
トレーラーで月間の売り上げ「100万」はめちゃくちゃ少ないので、
売り上げでもない。

積載する荷物が「特殊物」で、長距離を休むことなく、
高単価の配送をコンスタントにこなせたら、現実である数字かもしれませんね。

【2位】鋼材運搬のトレーラー(52万円∼)

やっぱり、建築資材、鋼材を扱った長距離運転手は、
トレーラーだとかなり給料が高いですね。
下限の給料はなんと52万円。

運転手ならだれもが目指したいところです。

【3位】トレーラーのタンクローリー運転手(42万円∼59万円)

3位にランクインしたのはタンクローリーのトレーラー運転手。
ガソリンスタンドとかでたまに見かけますね。
もちろんこれは併せて「危険物」の免許も必要で、
従事するにはトレーラーの乗務経験も必要ですし、
目指すとなるとかなり大変な部類の仕事ではないでしょうか?

んーでもだからこそ給料が高いというのもありますよね。
やっぱり「希少性」が高くなるほど給料は高い傾向にあります。

【4位】鉄筋輸送のトレーラー運転手(45∼55万円)

鋼材や、建築資材の仕事となると、
大型免許や牽引免許以外にも、玉掛けなど様々な免許が必要になってきます。
また、ロープのかけ方や荷締めの仕方などにも、
「経験」が問われるので、
正直これくらいの給料が妥当でしょう。

ここまでのレベルに到達するには、
それ相応の経験が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

簡単な結論としては、

・トレーラーに乗って
・その他に免許が必要な仕事をする(玉掛け、危険物など)

となりました。
でもこれ書けば簡単ですけど、
どんなに早く、効率的に経験を積んでも「3年」くらい、
あるいはもっとかかるんじゃないかなと思います。

わたしの今の会社ですら、
未経験や、経験年数が3年以下の人には、絶対大型には乗せません。
というより、大型乗務員を基本的に求人から引っ張らないです。

牽引は大型よりも、運転の技術が必要なので、
なおさらではないでしょうか?

やはり、高い給料をとるには、
それなりの経験が必要なんですよね。

物流コラム
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント