大型トラックの「AT車」ってどう?現役の運転手が感想をまとめたよ

スポンサーリンク

現在発売されている新型のトラックは、AT車にかなり力を入れています。

また、事業者もMTではなく、AT(オートマ)を選ぶ企業が増えているようですね。

「これまでのプロフィアは、おおむね3割がMT車。すでに7割がATだが、今後、このダイヤル式ギヤセレクターを売りのひとつとし、ATのさらなる普及をめざす」

引用 Response

正直な話、現役の運転手からしたら、「MT」とほぼ同等の走行性能と操縦性をもっているなら、「AT」の方が楽なはず。

「ただ、実際のところ大型トラックのAT車ってどうなの?」

気になる方もいるのではないでしょうか?

なので、現役で働くトラック運転手として、MT車にもAT車にも乗ってきた私が、感想をまとめてみてみました。

大型トラックのAT車について感想をまとめてみた

慣れれば運転はかなり楽

まず人によっては、なぜ「慣れれば」という言葉がAT車についてくるか不思議だと思います。

だって常識的に考えてMTよりATの方が運転は楽じゃないですか。

これはなぜかというと、乗用車のATとトラックのATはほぼ別物で、

「シフトチェンジ」も乗用車のようにスムーズにはいかないからです。ってか遅いんですよね。

今でこそかなりスムーズに変速するようにはなりましたが、それでもまだ「ラグ」と言いますか、変速の速さが乗用車には劣ります。

あれだけ大きいエンジンを積んでいて、その出力を「トルク(力強さのようなもの)」に回しているので、技術的にも難しいのはわかりますが、

多くの運転手がいまだに「ATのトラック」を敬遠するには、ここに理由があります。

結局、変速時に「タイムラグ」があると、MTと運転している心地とさほどかわらない、もしくはそれ以下なんですよ。

もちろんクラッチペダルがあるかないかの大きな違いはありますが、

「あの変速の感じが嫌だ」

「MTの方が運転しやすい」

「遅い」

これらの言葉がでるのは、主に「変速」の感じからきているのではないでしょうか?

バックは間違いなくMT車の方がやりやすい

MT車に慣れた運転手からしたら、AT車のバックというのは難しいです。それはなぜか。

クラッチペダルがついていないと、微調整がすごくやりづらいからです。

例えば、バックでどこかの「ホーム」「バース」に接車する際は、AT車のほうが微調整がききにくい分、MT車に軍配が上がります。

ATはアクセルだけで微調整をしなければならないですから。

そして最も気になるのは、「勾配のある場所」に駐車する時。

それはいまだに「AT」だと難しくて、バースなどに少し「ドン」と当てなければ、駐車しにくいです。

ただこれまでに、これほどATの性能が上がったという事は、そう遠くない未来に改善されると思うんですけどね。

ATは坂道と山道に弱い!実車想定してる?

とりわけかなり気になることがあるとしたら「坂道」です。

今出ているトラックって、「燃費」「環境配慮」で、エンジンがどんどん小さくなっています。

しょうがないと言えばしょうがないですが、

「それにしても小さくしすぎじゃね?」

と思わずにはいられないくらいトルクが弱くて、荷物を積んだ状態だと、坂道や山道でかなり「グズる」んですよね。

これがMTであるなら、自分で変速のタイミングをコントロールできるので、そこまでグズることはありません。

が、ATだと結構勾配のキツイ坂道を上っている途中にギアが変わったりして、

「おっとぉ!?ここでギア変えちゃうのぉ!?」

みたいなことがそこそこの頻度であり、坂道の途中にギアが上がったり下がったりで、「ガッコンガッコン」ってなって、キャビンが揺れるわ、後ろの荷物も結構心配なんです。

もちろんそういった時のために、自分のタイミングで変速できるように「マニュアルモード」が、ほとんどのAT車に備わっているわけですが、

ATのぬるま湯になれてしまうと、なぜだかそう、うまく使い分けられないもので。

また、このマニュアルモードをうまく使いこなせても、大型ATのギアはほとんどが12段変速です。

つまり、

「ちょっと遅いからこのギアで回転数を上げてスピード出す」

とかあまり効果的でないんですよね。

変速が12段もあれば、1段あたりで引っ張れるスピードもそこまでないですから。

ちなみに、今の大型の最大積載量ってだいたい13∼15tくらいなんですが、

めいっぱい(定量)積んだら本当に走らないですよ。10tあたりからただの走行にストレスがでます。

まとめ

このように、ATは今だに改善の問題を抱えていて、過去に「ISUZU」のオートマこと、「スムーサーG」というトラックに乗った感想を書いたところ、多くの運転手さんから、共感をいただけました。

かつて販売された「スムーサーG」というISUZUの罪

一昔前のスムーサーは本当にヤバくて、トラック運転手の中ではかなり有名。

もし、私がまたあのトラックに乗れと言われたら真剣に転職を考えます(笑)

ただ、酷評をざーっと書きましたが、結論を言うと、「AT車(一昔前のスムーサー以外)」の方が私としては断然楽で、

どっちがいいかと言われたら断然ATです(笑)

物流コラム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

現役の大型トラック運転手。運んで運んで7年目。最近では、運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました