エアーの音からわかるトラックの装置を説明!あの「プシュ~ン」という音の正体は?

「プシュウ~」

トラックの隣や近くにいると、様々なエアーの音が鳴っていますよね。

で、その音にも実は種類があって、

音からだいたい、どんな装置の音なのか?というのがわかります。

トラックに乗務したことのない人で、気になる方も少しはいると思うので、それについてまとめてみました。

エアーの音からわかるトラックの装置

プッシュウーン(サイドブレーキ)

完全に個々の感想も混じってしまうのですが(笑)、
サイドブレーキを引いた際に出る音は「プッシューゥゥゥン」と、少し伸びた音がします。

また、車種(UD、ISUZU他)によって少し変わるのですが、だいたい似たように、伸びたような音がします。

ちなみに大型のサイドブレーキは「ホイールパーク式」というものです。

パーキングブレーキレバーを操作することで、パーキングブレーキ用のブレーキチャンバー内の圧縮空気を抜き、開放されたスプリングの力でパーキングブレーキブレーキをかけるというものだ。ブレーキ自体は、フットブレーキで使用している後輪のドラムブレーキを作動させている。…引用元…中古トラック買いたい

つまり、こちらに書いてあったことを要約すると「ブレーキ」は常にかかった状態で、エアーの力を使ってブレーキを解除しているようです。

つまり「プッシュウーン」という音が出るのは、ブレーキチャンバー内の「空気が抜ける音」なんですね。

そしてブレーキを解除したときに、そこにまたエアーが入るという仕組みです。

4tや通常の乗用車とは、仕組みそのものが違うことが伺えます。

プシュ、プシュ(フットブレーキの音)

これはあんまり、大きな音が鳴らないので、正直聞き分けが難しいです。

通常は、ブレーキを踏み、離した際に音が鳴ります。

たまに出くわす「キッシューン」という音は?

キッシューンという装置をつけると、

ブレーキを離した際に出る音が、かなり変わります。

よくYahoo知恵袋なんかで、

「あの音はいったい何なのでしょうか?」

と質問されたりしている、その例の音。

わたしは「ピョーン・ピョーン」とかって聞こえるんですが、これも聞こえ方は、人それぞれですよね

プシュンッ(坂道後退防止機能解除音)

たぶん、一番良く耳にするのが、この音だと思います。


動画のタイトルには「エアブレーキ音」と書いてありますが、

これはFUSOの「EZGO(イージーゴー)」と言って、坂道後退防止の解除音です。(いすゞだと「HSA」だったり、メーカーによって呼称が違う)

信号待ちでこれを使う運転手が多く、理由としては一度ブレーキを強く踏み込めば、

ブレーキを踏まなくても、停止していられるからです。


(画像右のマーク)

この状態で、アクセルを踏むと「プシュンッ」といって、装置が解除され、動画のような歯切れのいい音が鳴ります。

まとめ


(このタンクにエアーを貯めています)

長く運転手をやっている人なら、

「あ、これはHINOのサイドブレーキの音か…?」

というように、メーカーごとに音の聞き分けができる人もいると思います。

特に、さいきんの「ISUZU」はサイドブレーキを引いた音が、かなり静かなのですが、「HINO」や「UD」なんかは、いまだにけっこううるさいです(笑)

こういった細かな特徴があったりするのですが、さすがにこれは、一般の人はまずわからないし、
そこまで興味のある人はいないと思うので(笑)だいたいの音の特徴からわかる、装置のことだけまとめてみました。

知っ得情報
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました