大型トラック運転手の「給与明細」公開!実際これくらいもらえるよ

まず一口に運送の仕事と言っても様々なので、
どんな仕事をしてどれだけの給料がもらえるか?

ということを明確にするために、
「運ちゃんネット」運営者「丘」の、
運転手としてやっている仕事の詳細を書きます。

やっている仕事
・経験年数6年
・10トン車(最大積載量は13500kg)
・ウイング車
・パレット積みパレット降ろし(バラ積みバラ降ろしは一切なし)
・平均拘束時間14時間(実働はだいたい8時間∼10時間)
・零細企業

ちょこっとQ&A
Q
肉体労働はあるか? A全然ある
Q:仕事は大変か? A:そこそこキツイ
Q:歩合制か? A:日給月給制

ざっくりいうとこんな感じです。

では、給料明細をご覧あれ。

勤続6年大型トラック乗務員の給料明細

大型トラック運転手の月の支給金額は42万円!

少し見切れていますが身バレや個人情報が入ってしまうのでここらへんで許してください( ^ω^)・・・

支給合計は42万4000円です。(26日出勤)

ボーナスは年間10万ほどなので、
年収は500万届かないくらいです。

運送会社特有の複雑な給与明細の説明

運送会社って「労働時間」などで社員と揉めないように、
「基本給」をめちゃくちゃ抑えるようにします。

これはどういうことかというと、
例えばわたしのように拘束時間が14時間の場合、
”法定外”労働時間は「6時間」にも及びますよね。

ただそれはあくまで平均で、
長い時は18時間とかも、ざらにあります。

では拘束時間が18時間ともなると、
残業が10時間になるのでその10時間分は「割増賃金」を支払わなくてはいけません。

そしてこの「割増賃金」というもののベースは、基本給から計算されます。

だから運送会社はとにかく基本給を安くします。

この他にも「就業規則」とか「賃金規定」の絡みから、
このような給料明細になってしまうこともありますね。

要は、しょうがないんです。

ただ一つ擁護をするなれば、
どこの運送会社にも、そんなのを払う余裕はないんですよ。マジで。

そもそもその労働時間が長くなってしまうのは、
道路上のトラブルだったり、荷主の都合だったり様々なんですよね。

もちろんそれも踏まえたうえで、
運賃を交渉すればいい。っていうのはあくまで理想論。

そんなこと言ったら仕事は取れません。

なのでそういったことへの「運送会社側」の緩和策として、
「労使協定」で労働時間は12時間まで延長出来たり、
労働基準法でも運送会社の拘束時間は最大16時間までOK!(細かな規定アリ)とかなっています。

これもよく考えたらふざけた話で「トラック運転手の拘束時間」については、
下の記事でめっちゃ愚痴ってます。

トラック運転手の拘束時間は長すぎる!”イカレ”た労働基準法に思うこと

話を戻しますが、わたしのこの複雑な給与明細は、
会社側が運転手に向けてやっている「牽制」みたいなもんです。

あ、
ちなみに余談ですがこんな感じの給料明細でも、
その気になれば残業代はもちろん請求できます。
(わたしは絶対にやりませんけどね。上司とか今の会社好きだし( ^ω^)・・・)

トラック運転手の給料は安い?

月の収入だけ見れば、そこまで安くはないと思います。

しかし、これから先昇給の見込みが薄いことや、
管理職に上がったとしても、そこまでの昇給も望めないことを考えると、
「もう少し欲しいな」と思ってしまいますね。

運送会社は「運転手」が主役なので、
社長以下の給料が安いというのは割と業界では常識です。

一見すると偉く、役職を貰っている方が、
「長距離運転手」より給料が安いなんてのはザラですからね。

ただ、わたしに関していえば、
距離もそんな走るわけではなく、
毎日家に帰れて、月に40万貰えているので、
おおむね満足です(*´з`)

スポンサーリンク

まとめ

たまにふと思います。

「運送業界の構造を歪めているのは自分のようなドライバーではないか?」

ってことを。

わたしはいま、人よりもたくさん働いて少し多めの給料をもらっていますが、
本当の意味で、会社が適正な運賃をもらっているか?

となったら答えはNOだと思います。(相場より高いとは思いますが)

ただ、これはわたしの会社に限った話ではありませんけどね。

こうやって頑張って働いて、
少し安い運賃でも、請け負って仕事を増やして、
少し多めの給料をもらう人がいるから、
いつまでたっても業界全体の「運賃」が上がらないんですよね。

で、もっと踏み込んだことを言うと、
適性な運賃をもらえない会社で、働く人がいるから運賃が上がらない。

あると思います。

転職
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント