【嘘が多い】「運送会社求人」の選び方を現役のドライバーが解説するよ

運送会社の求人を見て、
こんな事、思ったことないでしょうか?

「え!?月給50万!?こんな稼げんの!?」

「転職しようかな!?」

どうか安心してください。
現役のドライバーである私の率直な意見は、

「ほとんど嘘」

です。

この記事では、運送会社求人の実態を暴くと共に、
求人情報の”なに”を見て、信じればいいのかを説明していきたいと思います。

徹底解説!運送会社求人の見方

実働「8h(時間)」ってそもそもなに?

まず、
「まさしく運送のテンプレw」
みたいな求人がありましたので貼りますね。

(会社名などは名誉のために伏せときますw)

勤務時間のところに、
「(実働8h)」って書いてありますね。

これはどの運送会社も一緒で、
「運転や作業をする時間」
の事を指しています。

トラ美
トラ美

実際に”働く時間”が8時間なら楽じゃないかしら?

トラ男
トラ男

甘ぇぜトラ美!
その考えは危険だぜ!

この実働時間の中には「待機時間や検品」などの時間は当然含まれません。

トラック運転手のキツさについては、
キツイキツイっていうけど…大型ドライバーって何がきついの?でも少し触れましたが、

これについてはどういうことかというと、
「種類」が多い「荷物」などを運ぶときは、
当然荷受け先でも「検品」をする時間が、結構かかりますね。

場合によっては、ただ突っ立ってるだけなんですが、
こういった時間は「実働時間」には含まれてない場合が多いです。

加えて、この「実働8時間」というのも、
どこも結構あいまいで、普通に「2~3時間」の前後はあります。

しかしこれは、当然と言えば当然のことで、
毎日”同じ仕事”をしていても、
「当日の道路の混雑状況」などによって「実働時間」というのは、
簡単に変わってきますよね。

トラック運転手の平均的な実働時間は?

「8時間~12時間」

ほどです。
もちろん会社や請けてる仕事によってもこの時間は短くもなるし、
長くもなります。

結論は、

「実働8時間は当てにするな」

です。

運行スケジュールによるってどういうことなんだ!

次にこれです。

こう書かれている場合は、
「出庫」「帰庫」が決まった時間でないことが多いです。

つまり、朝の出発時間と夜に帰ってくる時間が毎日違うという事ですね。

さすがに、「深夜に勤務」する場合は、
どこの運送会社もしっかりと「深夜の仕事」と書いているところが多いですが。

じゃあ出発時間が違うって、どれくらいの幅があるんだ?

って思いますよね。

朝は「3時~7時」
夜は「18時~24時」

ざっくりですが、これくらいの幅があると思ったほうが無難でしょう。

ちなみにこれは起床時間ではなく、
「出庫時間と帰庫時間」です。

くれぐれも、勘違いなさらないように(; ・`д・´)

給与は本当!?50万ももらえるの?

1番気になるのがここですよね。

結論から言うと50万は、ほぼもらえません。

理由を説明していきます。

50万をもらえるのはほんの一握りだけ。それに過酷すぎる

わたしの知り合いで、
大型の運転手で、実際に月に50万円をもらってる人がいるのですが、
かなり「過酷」です。

その方は、
長距離だからとか、物理的な距離が離れてるから、
家に帰れないとかではなく、
「睡眠時間」を確保できないため家に帰ってません。
(家に帰ったらなんだかんだで時間かかりますよね)

風呂はガソスタのシャワー室か、どこかの休憩所です。

寝るときはトラックの中。

家に帰っているのは週に1回だけ。
稼働時間は毎日15~18時間ほどでしょうか?

なぜここまでしないと稼げないかというと、
「運賃が基本的に安いから」
です。

大型車(ウイング)の1日あたりの運賃相場の平均は3.5万~5万ほど。

運送会社は「歩合制」のところが多く、
トラックにもよりますが「売上」の20%~35%くらいを、
従業員に給料として払っているところが多いです。

つまり人間らしい稼働時間と稼働日では、
「50万」という給料は到底貰えないんですね。

じゃあ運送会社って実際いくらもらえるの?

運送会社の求人の特徴的な部分として「下限が総支給」であることが多いです。

[1]月給35万~50万円+歩合(一律手当含)

と、書いてありあますよね。
この下限である、
「月給35万」というのが、
「歩合」や「一律手当」を含んだ「総支給」の給料であることが多いです。

つまり、
「~50万円」というのは、
「ちょこっと多めに残業したから~」
などじゃ到底到達するレベルでなく、
ほとんど嘘です。

どこの運送会社も、

「下限の給料が【総支給】」

というのが8∼9割くらいじゃないでしょうか。

ちなみにこの「下限が総支給、上限の給料は幻」について、
一度、私が働いている「運送会社の社長」に実際に聞いてみたことがあるのですが、
回答はこんな感じ。

「”嘘”は書いてないよぉ(#^.^#)」

だそうです。

ちなみに、大型トラック乗務員の私の給料はコチラ。

大型トラック運転手の「給与明細」公開!実際これくらいもらえるよ

唯一、月給50万の可能性が高いのはやっぱり長距離

地場(近距離)仕事で50万貰うのは、かなり厳しいです。

唯一、給料を多くとれる可能性が高いのは、やはり長距離の運転手でしょうか。
ただ、上記のツイートの運転手の方は、
恐らく、かなり待遇の良い運送会社に勤めています。

休日について

ここは面白いことに、
どこの運送会社も割と本当のことを書いています。

ちなみに上記の求人については、
「日曜、他」
って書いてありますね。

日曜、他の「他」ってなんぞ?

「他」っていうのは「希望休」の事を指してます。

法事とかイベントとか。
「申請して、もらう休み」ですね。

つまり、件の運送会社の休みは「日曜のみ」です。

「休みはが欲しい人は言ってくれたら休みにするよ!」

ということで、
休日に関しては、早めに申請すれば、
どこの会社も割と融通が利くところが多いです。

ただ、気を付けてほしいのは、その「休んだ分」は確実に給料が減りますけどね。
(月給制の運送会社はかなり稀です。)

有給休暇はあるの?

これもほとんどないところが多いんじゃないでしょうか。
基本的に求人の内容で、
有給に「触れてない」会社はないと思ったほうがいいですw

待遇、福利厚生は?

運送会社の求人欄で、1番見たいところがココ。

ココが「うちはこんな会社だぜ!」というアピールポイント。

ここだけほとんど真実の会社が多く、
そのまんまの意味で受け取ってもらって結構です。

賞与について書いてないけど、あるのかな?

ありません。
書いてない場合はほとんどないです。

賞与アリの求人は?いくらくらいでるの?

賞与はあると書いてあるが、
具体的な金額を示してない(例えば、前年度実績○ヶ月分、○○万円支給)ところは、
本当に気を付けたほうがいいです。

5万とかを「賞与」とか書いちゃう会社も中にはあります。

賞与○ヶ月分もちょっと注意が必要

トラック運転手の給料の「基本給」というのはどこもめちゃめちゃ安いです。

これを詳しく説明すると、
「賃金台帳」とか「運賃」とかまた話が変わってくるので割愛しますが、
「賞与が基本給2ヶ月分」って求人に書いてあったのに、
「10万しか支給されへん…」とかそういう罠が仕掛けてあることも( ^ω^)・・・

そもそも「賞与」の意味って結構広義で、
「あらかじめ支給期の定めがないもの」
くらいしか国税庁のホームページにも書いてません。

本当に優良な運送会社は金額を明示する

これ。
本当にいい会社は実際に賞与を「前年度にいくら」支給したかを書きます。

実はこの運送の求人というのも、
「運転手向け」にアピールしている場合があるので、
多少安くても、あえて金額を書いたりするんですね。
(運送業の賞与が少なすぎるっていうのはドライバーの中では割と知れた話)

例外として大手運送会社なんかは、
そのまま「〇ヶ月分」と表記しますけどねね。

でも、大手ともなれば働いている人も多いので、
転職会議とか、Youtubeなんかにも給与明細をアップロードしてる人がいるので、
それを見ればだいたい本当の賞与がわかります。

スポンサーリンク

まとめ

自分で言うのも何ですが、
私の「運送会社の求人に対しての認識」は、
かなり的を得てると自負しています。

というのも、
今の会社で6年間勤めてはいますが、
その間に転職を考えたり、実際に面接などをして、
多くの運送会社に「待遇や給料」について、はっきりと面接時に聞いたりした経験もあります。

ではこのテンプレ通りの会社。

こんな求人だと、実際どうなのか?

「こういう会社はアカンです」

まずなんですけど、
50万とか60万とか「高い賃金」で釣ろうとするところって、
だいたいダメです。

「走れば走るだけ金になる」

って運転手に教え込んで、
実際蓋をあけてみると、
そこらへんの「バイト」と変わらない時給で働くことになります。

1日18時間働けば時給1000円でも1日18000円ですからね。

月にすると26日出勤で「46万8千円」です。

高いと言えば高いですが、人の倍働きますからね。当然です。

本当に社員を大切にしていて、
誠実な会社というのは勤務時間や待遇、
給料に関して「誇張表現」が、少ない気がします。

なので、運送業界に転職を考えてる方はよく注意してくださいね。

転職
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント