優良な運送会社の見分け方を現役の運転手が教えます

優良な運送会社は、案外求人だけの情報ではわからなかったりします。

なので、現役の運転手である私が優良な「運送会社の簡単な見分け方」を解説します。

優良な運送会社の見分け方

トラックがきれいなところ

これはいじってあるとか、車両の改造(メッキパーツなど)をお金かけて施してあるかどうかというのは関係ありません。

純粋に「車両がきれいかどうか」です。

運転手にしっかりと「洗車」をさせる余裕があるというのは、とてもいいことです。

なぜなら、それは「日常業務」の中で、「洗車をする時間」があるかというのがわかるからです。

本当にひどい会社は洗車をする余裕も時間もありません。

ただ一つ気を付けたいのは、「全体的にきれいかどうか」というのも、すごく大事。

とある1台だけがきれいというのは、その車の乗務員が「単にきれい好き」の可能性がありますからね。

トラ男
トラ男

本当にきれい好きな奴はいくら時間なくても、洗車するからな!

ボロボロの汚いトラックしかないような会社は要注意です。

安全装置の有無

代表的なアイテムと言えば、

・ドライブレコーダー
・バックモニター
・デジタルタコグラフ

ですね。

これらの安全装置については、「安全」に対してのその会社の取り組み方が伺えます。

というのも、運送会社で1番「利益」を削るのは、「事故」です。

兎にも角にもこれです。

なので、その会社が「事故」をどのように「回避」しようとしているのかもわかりますし、それは「利益」を守ることにもつながるので、積極的に安全装置を導入している会社のほうがいいでしょう。

一つの目安として、4t以上の車両(平ボデーを除く)に「バックモニター」を付けてない会社は論外です。

求人募集を頻繁に出していないか

これは全業種に言えることですが、「求人募集」を頻繁にかけてるところはあまり良くないです。

ここは説明せずとも「言わずもがな」ですね。良い会社には人は残ります。

ある程度、入社を考えている会社を検索エンジンIndeedなどに、「社名を正確に入力」して検索をかけてみてください。

過去の募集歴が残ってたりするので、一つの指標になります。

新車導入の有無はあまり関係ない

「管理職や社長」が車やトラックが好きとか、社員の待遇に関係なく新車を買うとこは買います。

私が知っている運送会社の中にも従業員の給料は安いのに新車ばかり買う会社があります。

わたしの勤めている運送会社の社長は、

「今大型トラックを新車で購入したら、ただの運送業だとかなり従業員を働かせないと償却できない。っていうかムリ!」

と話していました。

また、新型車両を導入するにあたって、一度に大量に買う会社もあります。

なので時期によっては当てになりません。前述したように、見るべきは「車両」「きれいかどうか」です。

トラ男
トラ男

「新車!」「新車!」って、
アピールポイントに書いてるとこは要注意だぞ!

車両の保有台数はあまり関係ない

いい会社というのは、大量の車両を持ち多くの従業員を雇ってなくても、たくさん存在します。

なので「一つの指標になりえる」ということだけで、あまり当てにしないほうがいいと思います。

大手だからといって「稼げる」わけじゃない

今の運送業界の傾向として、

「拘束時間を短くする代わりに賃金を安くする」

という流れがあります。

なので「その他は優良」ではあるが「稼げない」というのがあったりします。

トラ美
トラ美

今は「佐〇急便」から「ヤ〇ト運輸」に流れる人が多いと風の噂で聞いたわ。
背景には労働環境の改善があるのかしら。
昔は佐〇もキツイけどかなり稼げたみたいね。

まとめ

運送会社の中には、「経験アリ」の人材しかとらないところもあります。

実は「本当にいい会社」というのは、こういうところが多いです。

運送会社が一番嫌うのは事故です。

なので、未経験者を一から教育して、資格を取らせる手間を考えると、ある程度「実績(事故や違反がないか)」がある人間を、それなりに高い賃金で引っ張ってしまったほうが早いし、すぐに「利益」につながりますよね。

長い期間にわたって事故を起こさない人間は、これからもほとんど起こしません。

運送会社の面接にあたって

運送会社に「面接」が決まったとき、気を付けてほしいことがひとつだけあります。

それは「違反歴や事故歴」に関して嘘をつかないでください。

運送会社の法律上の「義務」として、新たに運転手として雇い入れる者の「事故歴や違反歴」を”把握”しなくてはいけません。

なので、面接時に嘘を申告したとしても運転記録証明書などを求められた場合は、ばれてしまうからです。

「嘘」に関しては、後々の人間関係にも大きく影響する場合があるので、これだけは気を付けてくださいね。

転職
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント