トラックの荷台はどこが一番揺れなくて、どこが一番安全なのか

トラック運転手として働いてる方でふと気になったことはないでしょうか?

「結局荷物はどこに積むのが安全で揺れないのだろう?」

人によって一番前に積むのが揺れないと言ったり、
タイヤとタイヤの丁度真ん中に位置する部分が一番揺れないと言ったり。

今回はその話に終止符を打つつもりで徹底的に調べ上げました。

一番安全なのは前方、一番揺れないのはホイールベースの中心

簡単な画像を実際に私のトラックを使って作成させていただきました。

一番安全なのは前方壁際

まずなぜ安全であるかと言うと、
それ以上前にいくことがないからです。

実際にトラックで急ブレーキを踏み、
荷物を破損させた経験がある方ならわかりますが、
ブレーキを強く踏んだ時に荷物が「前方に寄ろうとする力」は凄まじいものがあります。

てんこ盛りに重い荷物を積んでいた場合などはエアブレーキといえど、
そこまで「ガクッと」ブレーキは利きませんが、
問題は軽い荷物を積んでいた時だったり、荷物が少ない時。

大型車の重量は空車でも8t∼10tほどありますが、
実車(荷物を積んだ状態)の時は20tちかくあります。

その総重量が20tにもなるような車を想定して、
設計されているブレーキです。

普段荷物を積んで走っているとイメージしづらいですが、
その力はとんでもないです。

一番揺れないのはホイールベースの中心

やはりタイヤとタイヤの間(ホイールベースの中心)が一番「揺れ」自体は少ないようです。

こちらは「日野自動車の荷台振動」という研究ページを参考にさせて頂きました。

ただ、
トラックの振動に関してはいまだ研究を続けている部分もあるようで、
正直ココに関しては様々な文献などがあり、
わたしとしても結論付けるには少々強引であるかもしれないと思う部分もあります。

なかにはこのように書いている方もいます。

『荷台のどこに載せれば安全なのか?!』 
という質問を多く受けます。 安全とは、 
『輸送中の 振動や衝撃の影響が少ない場所 はどこか?』
という意味です。結論から申しますと最も安全な場所は、 “前面の壁際” です。 

つまり運転席側の壁です。ここが最も揺れません。 

反対に、最も振動、衝撃のリスクが高い場所は、“後方の壁際” です。 
つまり扉に最も近い壁際です。 …引用元…輸送品質.com

また積荷の積み方や、
重量配分などでまた状況は変わるようです。
つまり一概には言えないという事ですね。

一番危険なのは後方壁際

ここはほとんどの方が知っていますね。
後方に重たい重量物を重ねて積んだりしても、
振動で下の荷物がつぶれてしたりしまうことがあるので注意が必要です。

トラックの側端は揺れる

トラックのフレームは知っている人は知っていると思いますが、
「中央」にありますよね。

なので、
そのフレームから離れれば離れるほど「羽」のような振動と動きがあるため、
揺れるようです。

トラックは常に震度7クラスの地震が控えていると思ったほうがいい

振動や荷台の安全な場所について調べている時に、
面白いページがありました。

トラックが走り出すと、積荷は絶えず大小の地震に見舞われることになる。舗装の良い道路であれば“震度2
の軽震”程度の上下動。道路工事中の段差、橋と両岸の土床との継ぎ目、マンホールのふたの乗り越え等の道路の凹凸は、
積荷には“震度4の中震〜震度7の激震”となって上下方向に
ゆさぶられる。(図1−2参照)…引用元…全日本トラック協会

つまり、
ここに書いてあることを要約すると、
状況によっては「震度7レベル」「揺れ」が走行中に危険として控えているという事ですよね。
(「震度7レベル」という話で地震とは”揺れ”の性質が違うので、同じくらいの負荷がかかるという認識でOKです)

思っている以上にわたしたちは走行中に様々な危険と隣り合わせという事です(; ・`д・´)

まとめ

実際わかったつもりではいるけど、
深くはわからないことや、
理由を知らないことって多いですよね。

今回の「荷台はどこが安全か?」というのも、
まさにそのうちなかにはいるのではないかなと思います。

「なぜ?」ということを頭で理解しておくと、
いざとなった時に役立つ場面があります。

運送業に従事する身として、
ここら辺の知識は積極的に入れたいものです(‘◇’)ゞ

トラック・ハウツー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント