トラック運転手ってトイレに困ったらどうしてるの?対策法とあわせて紹介

「トラックの運転中にトイレに困ったらどうすればいいの?」

実はトラック運転手に「転職」を考えていたりして、
「おれけっこうトイレ近いんだけど大丈夫かな?」
という悩みを抱えている人も意外と多いのではないでしょうか?

また、
「運転手は本当に困った時どうしてるの?」
という純粋な疑問もあると思います。

少し唐突ですが、
わたしのことを紹介させてください。

「わたしは現在トラック運転手として6年以上働いていますが、めっちゃトイレ近いです。」

恐らく体質としてトイレが近いのもありますが、
もとより「水分」を多くとる人間で、
おまけにコーヒーが大好きというトリプルパンチです。

それでも働けています。
安心してください。

トラックの運転中にトイレに困ったらどうすればいいか?

大型物流施設に駆け込む!駐車場所とトイレには困らない

「コンビニへ駆け込む!」

とかはトラック運転手でなくてもだれでもわかることなんで、
はしょらせてもらいました。

大型とかそこそこでかいトラックになってくると、
コンビニでも「駐車可能なコンビニとそうでないコンビニ」がでてきます。

そういった時に助けになるのが大型物流施設。

納品がない時に駆け込むのは少々気が引けますが、
大型駐車場もほぼ完備されていて、
その隣接した場所にだいたいトイレがあります。

わたしは本当に困った時に出入りさせてもらいますが、
心の中で、
「ありがてぇ…ありがてぇ…」
と唱えながら借りています。

ただ本来納品のない車両は出入りしてはいけないはずなので、
本当に困った時だけ利用してください。
(守衛さんがいる場合はわけを話して借りるのもアリだと思います)

限界に到達した場合はタイヤにかけている人を見かけたことがある

まず最初に説明させてください。
わたしはやったことありません。

ある日信号待ちをしている時に、
反対車線にいたダンプカーの運転手がサッとおりてきて、
俊敏に用(小)を済ませていたのを一度だけ見たことがあります。

しかもその運転手、
堂々と右前のタイヤにかけてました。
時間が惜しかったのでしょうね。もちろん真昼間ですよ。

なので本当に困った時はこういった手段もあります。

ペットボトルはオススメしない。絶対にやらないほうがいい。

今の運転手の仕事をはじめてからではありませんが、
車の免許をとりたての頃に乗用車で、
一度だけ「ペットボトル」で済ませたことがあります。

オススメしない理由をよりリアルに感じでもらうために私の経験談も交えて紹介します。

ーーー
ある日のこと。
ん~ちょっと漏れそうだなあって思いつつも、
高速に進入。まさかの渋滞20Km。

「はい。終わった。」

って頭の中では思うんですけど、
ホルダーにあるペットボトルをちらちら見ながら、
なかなか踏ん切りがつかないんですよ。

人って面白いものですね。

で結局その渋滞も残り1Kmらへんに到達して、
「よ…し!これ…だったらギリ…ギリ大丈夫!」
と思ったんですけど冷静に考えたら、
渋滞を抜けたその先にPAとかSA一切ないんですよ。

ここで腹をくくりました。渋滞しているうちにしてしまおう。

まず最初の問題がペットボトルの飲み口は案外穴が小さくて安定しない。
無論渋滞中とはいえ運転中です。これがすごく厳しかった。

そしてこれは事後にわかったことですが、
その時に使用したペットボトルは500㎖なんですが、

「全然足りません」

平均的な排尿の量は150㎖∼と言われていますが、
それはたぶん我慢しなかったらの話。我慢したら500じゃ足りません。
結論をいうとわたしは車内に散りました。
ーーー

というのがわたしのエピソードです。
ちなみに同じ経験を持つ友達にはなしたところ、
まったく同じ状況でした。やっぱり足りなかったようです。
なので本気でオススメしません。
可能な限り我慢してください。

そもそも利尿作用の強い飲み物とそうでない飲み物を知ろう

利尿作用の強い飲み物
・コーヒー
・お茶全般
・砂糖・甘味料の入った飲み物(コーラなど)
利尿作用の弱い飲み物
・水
・むぎ茶

ざっくりですが、
この認識で問題ないと思います。

まとめ

冒頭にわたしが、
「トイレが近くても運転手はできる」
と書いた一番の理由は、
「普通にトイレできるくらいの余裕はあるから」
です。

配送メインの方なら、
納品先で借りてください。一言断れば快くかしてくれます。

長距離や中距離の方なら、
計画的にSAやPAに寄ってください。

もともとトイレが近いと自覚している方なら、
あらかじめ、
「あそこでしとかないと( ^ω^)・・・」
と思うはずです。

なので最後に結論をまとめると、
そこまで気にしなくて大丈夫。
そして我々はそこまでトイレに困りません。

知っ得情報
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント