Adblueって何!?どれくらい走るの?詳しく解説するよ

環境保護のために、
現在のトラックには「Adblue」を装着している車両がどんどん増えてきています。

ただ、ドライバーとしては、あれ本当面倒ですよね(笑)
規模がそこそこ大きい会社ならいいですが、
わたしが勤めているような零細企業だと、在庫抱えとく場所もないし、
補給できる場所が限られるんですよ…。

Adblueについて

Adblueってなに?

尿素SCRシステム(blue tech)に使う尿素水を「Adblue」というようで、
排気ガスに含まれる有害物質を抑える装置のようです。

AdBlue®は、尿素SCRシステム専用の高品位尿素水です。

AdBlue®の主成分は尿素。純水に高純度の工業用尿素を溶かして製造する無色・透明の尿素水溶液です。ディーゼル車に取り付けられた触媒内部にて排出ガスに対して噴霧され、大気汚染の原因とされている窒素酸化物を窒素と水に分解します。尿素水は無色、無害の液体で化粧品、医薬品や肥料などにも使われています。AdBlue®は、無害で安全な製品のため、取扱いに特別な資格も必要ありません。ー引用元ー日本液炭

Adblue1ℓでどれくらい走る?

ガソリンタンク300ℓ満タン2回で、
補給の目安のようです。

大型トラックの燃費はだいたい3kmほどなので、
1800km走るごとに33ℓの補給が必要という事ですね。

つまりAdblue1ℓあたりの燃費は6kmほどということがわかります。

環境などで減り方は変わるようです。

タンクの大きさについて

Adblueのタンクの大きさは、
メーカーによって違うのでしょうか?
(調べてもわかりませんでした(;’∀’)汗)
ちなみにFUSOのスーパーグレードは33ℓのようです。

ついてるトラックどれも、
同じ様な気がするんですけどね~。

Adblueはなくなるとどうなる?

警告灯が表示され、それ以降「エンジンの再始動」ができなくなるようです。

ですので万が一、走行中にAdblueが無くなってしまったら、
「エンジンを切らずに」補給するまでやりきるしかないようですね(‘◇’)ゞ

スポンサーリンク

まとめ

とりあえずAdblueについて、運転手として思う事は、
「補給拠点増やして欲しい」
という事ですね。

割となくなるの早くて、
「長距離」やってる人なんかは、かなり煩わしい装置なんじゃないでしょうか?

ただ環境にはいいから、
仕方ないんですかね…(*´ω`*)

知っ得情報
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント