【トラック】スイッチの機能を説明するよ!あなたはいくつ知ってる?

「あなたはトラックについているスイッチの機能をしってますか?」

トラックでも、
大型ともなると相当な数のスイッチがついているのですが、
そのすべての「機能」を把握している人は、ほとんどいないと思います。

だって、説明書見るの面倒ですもんね。

というわけで、わたしの乗車しているトラックについている、
全てのスイッチの機能を説明していきたいと思います。

トラックのスイッチの機能と説明

デフロック

名称はデフロック。
後ろの2軸の両軸とも動かし、タイヤの空転を防止します。

 

 

三軸目後ろあたりにあるライトを光らす

後軸のタイヤの少し前にあるライトを光らせます。
これがあるとタイヤの足元が見えやすい。

 

 

ウイング内の室内灯を光らす

ウイング内に設置されているライトを光らせます。
夜間なんか暗い時はこれで箱の中が明るくなるので、
結構重宝します。

 

サイドミラーワイパー

サイドミラーのワイパーを稼働させます。
雨の日にあるとかなり便利ですね。

 

 

ウイングのスイッチ

ウイングの主電源みたいなものです。
詳しい使い方は「ウイングの使用方法」で。

 

 

サイドミラーヒーター

サイドミラーを温めます。
凍結防止に一躍買います。

 

 

ASRをオフにする

ASRは、「アンチスピンレギュレーター」の略で、タイヤの空転やスピンをシステムで制御してくれています。
それをOFFにするスイッチですね。
つまり通常はOFFにする必要ないです。

 

キャビン内の室内灯

キャビンの室内灯が光ります。

 

 

 

エコモードのスイッチ

エコモードのON、OFFです。
ONにするとシフトチェンジのタイミングが早くなり、
燃費が良くなります。

 

回転数のアレ

バックギヤに入れた際の、バックのスピードを調整できます。
「H」で早く、「L」で遅くなる。

 

 

ススを飛ばす

触媒にたまったススを飛ばします。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

トラックのメーカーごとに「スイッチの名称」が違ったり、
また、最新のトラックであると、
新しい機能をもったスイッチもあると思います。

そういった時はトラック備え付けの、
「説明書」を読んでください。

また、あれやこれやとONにしたり、OFFにしたりすると危険なので、
わからないものは極力触らないようにしましょう(‘◇’)ゞ

トラック・ハウツー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント