トラック運転手がやりがいを感じる瞬間を紹介!荷物を綺麗に積めた時はやっぱり快感

スポンサーリンク

「トラック運転手って、どんなやりがいがあるの?」

全ての人がそうというわけではありませんが「トラック運転手」に対しての世間一般からの印象は、あまりよろしくないですよね。

やれ「トラック運転手は底辺だ」と言われたり「誰でもできる仕事」と言われてみたり。

じゃあそんな仕事にやりがいはあるのか?って思う方もいるでしょうが、あります。しっかりとあります。じゃあそのやりがいとは何なのか。

現在トラック運転手であるわたしが、やりがいを感じる瞬間を紹介します。

トラック運転手が仕事にやりがいを感じる瞬間

荷台に荷物をキッチリ大量に積めた時

トラック積み込み風景

ー画像提供ーかずきさん

この仕事を長くやってると「はあ?なにこれ?こんなん積めるわけねーじゃん」みたいな荷物に遭遇することがあります。

それは「荷の形」が特殊という事でも挙げられますし、単純に物量が多すぎてということもあります。

かといって荷主や倉庫にそれを指摘しても「とりあえずできるだけ頑張ってみてくれませんか?」って言われるのがオチ。積ませるほうも必死なわけです。

慣れてくるとこういった作業にも「嫌々」という感情が消え「とりあえずやれるだけやってみるか」って感じで作業を黙々と進めるようになります。そして積めるんですよね。割と(笑)

で、終わった時に、

「うわー俺マジ頑張ったわー」

「絶対俺以外の運転手じゃ、この荷物積みきれなかったわー」

「俺すげー」

って感じになります(笑)

こういう時、すごくやりがいを感じますね。

ただ、ぶっちゃけた話「自分にしかできなかった」っていうのは誇張で、ほとんどの運転手が同じことできるんですけどね(笑)

そのパンパンに詰めた荷物で降ろし先に行くと「え、運転手さん、これ…自分で積んだんすか…」みたいに、待ってましたみたいな反応をとってくれる人もいます。

「おー!」という反応を取られると、深いやりがいを感じるものですよ。

上手く狭い場所にトラックを駐車できた時

トラック 狭い場所に駐車

先ほどの荷物と似たような感じになりますが、この仕事を長くやってると「はあ?こんな狭いところ入れねーよ!」って場面に遭遇します(笑)

こういう狭い場所に駐車する時って、案外一般の方からも見られることが多いんですね。というのも、その狭い場所っていうのが、人通りが多かったり住宅地の近くにある場合が多いから。

ですから、いざ駐車を始めるときに、一般の方に「え…こいつここに駐車するつもりか…ゴクリ。」みたいな感じで見られます。(実際そう思ってるかはもちろんわかりません)

そうやって見てる人がいる時に「綺麗に一発で駐車」できると、

「メッチャ快感!」です。

これがやりがいかどうかはわかりませんが、やりがいでしょうね。ええ。間違いなく。

純粋にトラックの運転が楽しい

この運転が楽しいというのを強く感じるときは「トラックのサイズ」が変わった時ですね。

今まで2t車に乗ってたのが4tに。4tが大型に。最初の内は怖いですが、慣れてくると「うお!たーのしい~」ってなります。

じゃあそれ以外は楽しいとか全く感じないのかっていうと、それも違います。

綺麗にトラックを洗ったり、新しいメッキパーツを付けた後の走行、はたまた景色が良い道路を走っているだけでも、純粋に楽しいなあって思う事は多々ありますよ。

客先から指名がくる

運送の仕事では滅多にないんですが、稀に「客先」から指名が入ることがあります。直接配車なり会社に「あのドライバーがいい!」と言われることがあるんですね。

やっぱり、それはもう嬉しいものです。自分が認められる瞬間でもありますからね。

まとめ

一見単純そうに見えて奥が深いのがこの仕事。

まあこれは全ての仕事に言えることですけどね。案外「やりがい」なんていうのは、抽象的なもので、自分がふとした瞬間に感じることが多いです。

こういった些細な喜びや楽しみを見つけられるのは、仕事を楽しくやるうえでわたしはとても重要なことですよね。

物流コラム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

現役の大型トラック運転手。運んで運んで7年目。最近では、運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました