給料を上げたいなら大型免許を取ろう。運送会社勤務の方は必見です!

スポンサーリンク

自分の給料に満足してますか?

今運送会社に勤めていて、自分の給料に満足している方は多くないと思います。

なので、自分の経験から給料を上げた方法を、公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

トラック運転手の給料をUPさせる方法

大型免許・牽引免許を取る

まず、これがなければ難しいと思います。

私が考える給料というのは、

「自分の市場価値=給料」

なので、まずは自分の市場価値を上げなくてはなりません。

運送会社に勤めているならまずは大型免許まで取得。できれば牽引(けんいん)その他にも「運行管理」など持っていると、尚よいのではないでしょうか?

「実務経験がない免許だけのドライバーはダメ」

ということをいう人がいますが、

運転や実務経験ができなくても全然良いと思うんです。

例えば荷主から増車の要請が入ったときや、他の誰かが辞めてしまうとなった時に「免許上、どの車でも乗せられる人」というのは非常に重宝されます。

というのも運送会社が新しい仕事を始めるにあたって、経験者を雇用する場合でも「相当な期間」は経験の有無にかかわらず、

研修させるケースがほとんどです。

これは、同じ運転の仕事でも業務内容が全く違うことがありますからね。

運転手の仕事は単純であるものが多いので、

経験はこの「研修の期間」で済むことがほとんどです。

そして会社側も採用した人を「横乗り」させて研修するのと、元々いる人を「横乗り」させるのではまた話が違います。

そして、トラックはなるべく大きいほうが平均的な給料も高いです。

なので、

今働いている会社で大きいサイズのトラックの仕事があるかどうかにかかわらず、

大型免許、余裕があれば牽引免許を取得することを強くお勧めします。

免許をとるのは直接的な給料UPの要因にはならないかもしれませんが、

いつか”必ず”給料UPに免許が役立つはずです。

また、免許の費用をなるべく抑える方法は免許を安く取りたい?なら絶対に助成金や給付金を活用するべし!で紹介しています。

雇用条件のいい会社が見つかったと伝える

他の求人情報誌を見て「給料の相場」を常に確認しておくといいです。

ただ【嘘が多い】「運送会社求人」の選び方を現役のドライバーが解説するよでも紹介しましたが、求人情報というのはあてにならないことも多々あります。

一番効果的なのは会社側に、

「金額を具体的に示すこと」です。

これは私の話なのですが、35万ほどの給料だった時に同じ倉庫に入っている別会社のドライバーから「体の負担そんな変わらないと思うし、うちなら40万は出せるからこない?」と言われ詳しく話を聞き、会社の人に「辞める意思が少しあること、そっちに移りたいという旨」を伝えたら、まじでアッサリ5万くらい給料上がりました。(それまで何だったんだという話なんですけどね…)

しかし、荷主や倉庫間、ドライバー仲間であっても運送会社同士の引き抜き行為はあまり良しとされません。

なので給料交渉の際はオブラートに包んでおきましょう。

まとめ

給料に関しての不満や要望だけを伝えても、上がることはほとんどありません。

着々と自分の市場価値を上げつつ、機を見計らって交渉しましょう。

私が思う目安としては、

「あ~いまこの人がいなくなったら困るなあ。」

というのが相手(会社)の状況から見て判断できるようであれば、給料交渉は有効だと思えます。

知っ得情報
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

現役の大型トラック運転手。運んで運んで7年目。最近では、運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました