【なぜ?】トラック運転手のわたしがブログを書く理由

現在、月にしてこのサイトには、ざっくり1万5千ほどの人が訪れます。
サイトにくるアクセスの90%は「検索エンジン」から。

では、その検索エンジンを使う時って、
どんなことをしたい時でしょうか。

ほとんどの場合で、
「知らないこと」を調べるために使いますよね。
暇つぶしで使う人はそんないません。

ですから、わたしが書く記事のほとんどは、
わたしが知っていることを、
「知らない人」のために書いています。

ただ、ここで疑問。

なぜそんなブログを書くのか?
情報を発信してなんの得になるのか?

そのことについて、今回は書いてみようと思います。

トラック運転手のわたしがブログを書く理由

ブログを書くのは兎にも角にもお金のため

いきなり下世話な話なんですけど。

正直なところ、ブログを書くのは全てお金のためです。

「自分が知っていることを世間に広めて、労働者の質をあげよう!」

なんて高尚な大義なんかこれっぽっちもないです。

なんなら、
「なんでそんなだるいこと俺がやらないといけないの」
「だれか俺以外がやりなよ」

くらいに思うタイプ。

このブログを始めたのも、

「収入源をとにかくたくさん増やして、もっとイージーモードな人生が送りたい!」
「週4日しか働きたくない」
「とにかく楽したい」
「月100万くらいサクッと稼いで〇Pしたい!

とかそんな理由です。
どうですか?割と平均的なクズだと思います。

ただ、わたしは嫌いになっても「運ちゃんネット」は嫌いにならないでくださいね。

ブログってところで儲かるの?

儲かるか儲からないかで言えば、
儲かります。

この「運ちゃんネット」を作ったのは、
2018年の3月のことで、順調にサイトの来訪者は増えています。

ああ、すいません。
このサイトの、成長どうとかいう話はどうでもいいですよね。

ストレートにいうと、
今このサイトは「月に8000円」くらいお金を持ってきてくれます。

これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれなんですけど、
まあ普通に考えたら安い。

特に紹介したいのが「トラックのチェーンの付け方」という記事を、
過去に書きましたが、そのページは多分、
このサイトで一番時間をかけて、ページを作りましたが、
ページ単位で言えば一番儲かってません。

あのページでかかった総時間は、たぶん10時間くらい。
現状儲かってるのは800円くらい。
時給80円です。

最低賃金でこき使われる人もびっくりするような、
追随を許さない、圧倒的な時給ですね。

たいして儲からないのになぜブログを書くのか?

たいして儲からないけど、儲かるんですよ。

さきほど、月に8000円と書きましたが、
これは「ストックしたページ」にたいしての収入なんですよね。

なので、わたしが仕事してる時、
遊んでいる時、お酒を飲んでいる時、
漫画を読んでいる時、病める時、
ムカつく納品先の伝票の裏にこっそり鼻くそつける時も(嘘です)、
このお金は入ってきてます。(さすがに未来永劫というわけではありませんが…)

このサイトとは別のサイトで、
試験的にあえて更新をしていないサイトがあるのですが、
6ヶ月更新をしていない状態で減った収益は、月に-10%ほどです。

つまりわたしがこのサイトの更新を明日からやめても、
月に800円ほどしか減らない可能性があるということですね。

もちろんこれはサイトの属性、
ジャンルによって全く違いますが、一つの指標にはなり得ます。

基本的にブログもサイトも相対的な評価が基準となる

例えば、日本で「トラック運転手向けのサイト」というのを、
作っているのが私しかいなかったら、
既に「月100万」は稼いでたかもしれません。

では反対に「トラック運転手向けのサイト」を作っている人が100人いたら、
わたしの収入は月に1万円に近いと思います。

要は、限られた「パイ」の奪い合いなんですよね。
こういうブログって。
その「パイ」っていうのがいわゆる検索者。

つまり、トラック運転手向けのサイトを作る人が増えれば増えるほど、
わたしはどんどん儲からなくなっていきます。(諸説あります)

じゃあなぜ、こんな儲かる儲かるなんて書けるのか。

間違いなくほとんどの人が挫折するから。

ブログやサイトはそんなに楽ではない

いまでこそ、レンタルサーバーの普及とかで、
個人がwebサイトを作るに当たっての、敷居はだいぶ低くなりましたが、
正直なところ、技術的な側面で言ったら誰だってできます。

例えば、わたしが真面目に友人にサイトの作り方を教えたら、
今日のうちにやり方を理解して、明日からページを作れると思います。

で、す、が。
本当につらいのはそれから。
ページの更新というのは、なかなかに堪えるものがあります。

裏話を少し書くと、
トラックの運転中も常に「ネタ」を考えています。

「町を歩く人が我々に対して抱えている疑問は何だろう」

「運転手として働く人が抱える疑問は何だろう」

これくらいのことは当然のようにやっています。
少々「ドヤ」ってる感じで書いてしまいましたが、
これは慣れると実際たいしたことではないです。すいません。

時にはTVを消して、

「ああ記事書きたくないよお」
「記事書きたくないよお」
「書きたくないよお」

と言いながら、1∼2時間パソコンの前に座った挙句、
何も書かない時もあります。(書かねーのかよ)

実はもう何回も挫折してるんだ(テヘッ)

たぶん一番最初に収益化を目標にして、
ブログを作ったのは2011年。
今の運送会社に入ってすぐの年でした。

とりあえず1年間アメブロで書きましたが、
収益化がまったく意味不明で挫折。

そして一昨年、2016年のはじめに出会い系サイトと、
金融系のサイトを作るも、まったくサイトに人が来ないで挫折。

両サイトともかなり時間をかけて、
めちゃくちゃ頭を使って頑張った結果が収益0でした。
サクッと書いてますが、これはかなり堪えましたね。

ちなみにその気合いの入ったサイト、
念のため「サイト売買(webサイトを売り買いするサービスがあります)」で買い取ってくれるか打診してみましたが、
「コンテンツが低品質、収益も0のためうちでは扱いません」
とのこと。盛大に吐きました。たしか胃液で喉やられましたね。
いい思い出です。

まあそんなこんなで去年。
「もうそんな大きな利益は望まないから検索結果にない情報を埋めよう」
で、作ったサイトがヒット。

「ああ、こんな感じで作ればそうか、お金を稼げるのか」

と思い、とにかく色々なサイトを作ります。
で、今のところ曲がりなりにも、
自分が持ってる全てのサイトを合計すると20万PVくらいはあります。
ちなみにそれでいくら稼いでるかは秘密ですお(;´・ω・)

スポンサーリンク

まとめ

「全てお金のためだよーん^^」

ということを散々書きましたが、
実はこういったブログを書いていていて、
すごくうれしい時って、誰かに「コメント」をもらった時とか「サイトを紹介」された時なんですよね。

例えば誰かのタイムラインなんかに、
「このサイトおもしれえ!」
とか書いてあるのを見つけたときは「脳汁」めちゃくちゃでます。

飛び跳ねて喜びます。

ですが、こういうサイトやってると、時たま収益が「ドン」とハネる日があるのですが、
そういった日の喜びには、さすがにコメントや紹介でも勝てません。
うん、お金って怖い。強い。

そして最後に。

この記事をみて、
「おれもブログはじめようかな」
と思った人は、頑張ってください。

そして儲かったら、僕に奢ってくださいね^^
特に何もしてないけど^^

ブログ
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント