富士運輸が行ったトラックメーカー各社の衝突被害軽減ブレーキの比較動画がクソ面白かった件

まずは、そうですね。
動画を見てもらったほうが早いです。


どうでしたか?
もうなんというか、ツッコミどころが満載すぎて、
めちゃくちゃ面白かったです。

衝突被害軽減ブレーキの各メーカーの比較動画について

HINOの衝突被害軽減ブレーキは優秀

5回のうち、一度だけ止まらないことがありましたが、
それまでに、

20Km→〇
30Km→〇
40Km→〇
50Km→×・〇

と、各スピードほぼしっかりと停止しています。
まあさすがに「TOYOTA」の息がかかってるだけあって、
すごいですね。

FUSOの衝突被害軽減ブレーキはちょっと微妙

30Km→×
20Km→〇
40Km→×

ちなみに運転手さんの感想は、
「HINOに比べると、だいぶシビアな設定なのかなと思ってしまいます」
でしたw

GIGAは各メーカーの中で一番残念な結果に

20Km→×

運転手さんの感想は、
「警告音は鳴っていたが、まったくブレーキがかかる気配がないため、自分で踏みました」
です。

衝突被害軽減ブレーキが最も優秀なのは「HINO」だった

いやーもう間違いないですよね。
というか、ISUZUに関してはほとんど止まってないし、
「衝突した際の被害を抑えることが目的で、低速の際には止まらない」
という苦し紛れのような補足説明もでてきましたからねw

まとめ

実験に使用した衝突される側の車が、
シルバーだったのですが、

「シルバーの車は認識されづらい」

という事も最後にいっていました。
「いや、認識されづらいってなんやねん!w」
と心の中でツッコミましたが、まあまだ各社改善する余地があるという事ですね。

でも、問題はISUZUに関して。
「プリクラッシュは衝突した後に急減速する」
と説明していましたが、正直それじゃまったく意味なくね?
と思っちゃいます。

だってですよ。
トラックなんか走ってるときは、
「実車(荷物を積んでいる状態)」の時間が長い訳ですから、
総重量が20tにもなるようなトラックって、
一番最初に衝突する際の衝撃が一番すごいと思うんですよ。

つまり、
「どっかーん」ってぶつかってから急減速しても、
一体何が守られるわけ?と思わずにはいられないわけです。

だから、HINOやFUSOのように、衝突自体を防ぐように設計しないと、
やっぱり効果が薄いんじゃないかって。

あーそれにしても、
すごく面白かったですね。この動画。

もしわたしが、運送業の経営者で、
こんな動画を見せられて、各メーカーのトラックの値段にさほどひらきがないなら、
迷わずHINOを選びますね(*´ω`*)

ブログ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
丘

運んで運んで6年目です。
最近では、
運ぶだけではこの先厳しいのではないか?と思い「運ちゃんネット」を作ってみました。

丘をフォローする
丘をフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運ちゃんネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました